プロジェクトが変わったらすぐに近場に引越し!
家具や家電を持たずに快適に移動!サブスク住居なら実現できる

システムエンジニアの私はプロジェクトが変わる度に、作業場所が変わります。
その場合は、会社の方でも通勤時間を考慮してくれて、1時間ぐらいのプロジェクトを見つけてくれます。

ただ、問題なのは、参画していたプロジェクトの作業場所が引越す時です。
最悪の場合、通勤時間が2時間というケースがあります。
しかも、途中でプロジェクトを抜けることは難しいです。

ある程度、期間が決まっているので我慢できますが、よる遅くまでの仕事が続くと通勤がとても辛いです。
実家暮らしなので、一人暮らしをすればいいのですが、プロジェクトが変わると作業場所も変わるので、
その度に、引越しをしていたら、引越し貧乏になってしまいます。

そこで、注目したのがサブスク住居です。
敷金や礼金、手数料がなく、家具や電化製品も用意する必要もないので、
気軽に作業場所の近くに移動することができます。

残業の多いシステムエンジニアには、サブスク住居はピッタリです。

毎日長時間かけての電車通勤は苦痛でしかない

  • 仕事が立て込むと終電ギリギリになることも
  • 毎日の通勤ラッシュが苦痛なため、会社近くに住みたい
  • 通勤で体力を消耗して会社につくころには疲れてしまう。

残業疲れだけじゃなく、通勤のストレスもたまりそう

  • 毎日満員電車疲れして、実家に帰っても体が休まらない
  • 通勤時間だけで人生が終わりそう
  • 長時間通勤の疲労が蓄積して、仕事でミスを連発
  • 通勤の電車の中でずっと立ちっぱなしだと朝から体力を使ってしまって仕事で能力が発揮できない

サブスク住居を利用して会社の近くに住めば…

  • 長時間の満員電車から解放されてストレス激減
  • 通勤に時間がとられなくなって自分の自由な時間が増える。
  • 睡眠時間が増えたせいか毎日体が軽い

サブスク住居のデメリットを考えた

  • 部屋が都心に集中している⇒会社の近くで部屋を探しやすい
  • 東京の家賃は高い⇒家具家電がすべて揃っているので、生活に必要なものを買う必要がない
  • 部屋が狭い⇒部屋の居心地は無視で立地重視。なので寝られればいい人向き
  • カプセルホテルみたいで小さい⇒ワンルームタイプの部屋もある

サブスク住居のメリット

  • ・毎日片道1時間~2時間かけて通勤しなくてよくなる
  • ・敷金、礼金、更新料などの初期費用がかからない
  • ・会社近くだと通勤が楽になる
  • ・住みたいエリアに敷金礼金なしで短期間だけ暮らせる